虫刺され

私には二歳の息子がいます。

先日公園で遊んでいたところ、私が蚊に腕を刺されてしまいました。

「あ〜、蚊に刺されちゃったね〜」と私が言うと、息子がとつぜん私のカバンを漁りはじめてしまったのです。

またいつものイタズラだ!と思い、やめなさい!と止めていると、息子の小さな手の中には虫刺されのお薬が!

一生懸命にキャップを外してお薬を塗ってくれました。

今までこのように息子がしてくれるような事なんて無かったので、感動するやらビックリするやら・・・

二歳を過ぎてもなかなかしゃべり始めないし、大丈夫なのかな、なんて不安に思っていましたが、ちゃんと普段私がしている事を見ていてくれていたんですね。

ドヤ顔で刺された側の腕全体に塗りたくってくれた息子、ありがとう、すっかり痒いのが飛んでいきました。いちご鼻ケアで人気の《リメリー》が980円&全額返金保証付!レビューあり

どこにたどり着くのかわからない

10代の頃はニキビに悩み、その流れであれやこれややって、今はもうアラフォー。

ニキビはほとんど無いけれど、でも時々出来る。

そしてもう老化が始まって、自分には肌に自信を持てる時代が無く人生が終わるんじゃないかと惨めな気分。

美人だ、綺麗だとそれでも言ってもらえる顔立ちのようなんだけども、肌がもったいないとか言われると、うなずく反面結構傷つくしきにしてしまう。

化粧品もエステも美顔器もマッサージも皮膚科も何もしないのもいっろいろやった。

食べ物からの毒素などを排出するせいでニキビが出来るという仕組みに気づけたのもほんの近年。

昔はチョコレートだピーナツだの油モノがいけないと刷り込まれていたけれど、どういう油なのか、どんな添加物なのかとか、そういう問題である事に盲目だった長年。

化粧品も浸透するとかしないとか、それ自体が大間違いで、真逆の理屈が業界内に存在していて常に混乱させられた。

大手化粧品会社じゃ大嘘つきだという事もわかった。

でも土台が壊れていると何をしても自然派になってもなかなか思うようにはいかない。

やっぱり睡眠かなぁ、、、。ビュール クレンジングバーム 口コミ